ソウルメイトと恋愛。

ツインソウルの偽者がいた!!こんな人は運命の人じゃないかも!!

更新日:

イメージ画像

ツインソウルといえば魂片割れともいわれるほど、繋がりの深い相手のことですが、運命の人と思いきや実はその人はツインソウルの偽物だった!というパターンもあります。

この記事では、ツインソウルの偽物がどんな人なのか?紹介します。

偽ツインソウルの特徴4選

ツインソウルとの出会いでは、辛いこともありますが、前提として2人の間には揺るぎない大きな愛や許しがあります。

本物のツインソウルとは、喧嘩をしたとしても相手を傷つけるようなことはありません。また、その大きな愛を公で分かち合うことができるような関係となっていきます。

ところが、ニセツインソウルの場合には少し違っています。

ここからニセツインソウルの特徴をみていきましょう。これらに当てはまったら、その相手は本物のツインソウルではないかもしれません。

閉鎖的な関係ではないか?

イメージ画像

本物のツインソウルとの関係は、周囲が認知している場合がほとんどです。

公の場で出会い、多くの場合、公に付き合いが進みますが、ニセツインソウルの場合は周囲に言えない関係であったり、付き合いが進むほどに2人だけの世界にこもってしまい、社会から孤立していくような関係になりがちです。

本来ツインソウルとの関係は、お互いがそれぞれ自分本来の使命をまっとうできる状態になるためのものです。

2人が出会うことによって、お互いに成長し、その結果、二人で協力してこそできる、社会への愛の分かち合いへと、繋がっていくようなものな関係なので、

社会に対して不満を言いながら2人の世界にこもっていくような関係は、ツインソウルではないといえます。

家族や大切な人に反対されないか?

ツインソウルとは、お互いの両親が相手を気に入ることがほとんどです。

生まれる前から、出会うことが決まっている2人なので、無事出会えたことをお互いの両親も魂レベルで喜び、相手を受け入れる場合が多いのです。

ですが、ニセツインソウルの場合には両親が受け入れてくれない、大切な友達に反対されるなど、周囲から祝福されないという障害が出てきます。

嫉妬深くなっていないか?

本物のツインソウルに対しては、相手に対して不安を感じたり、嫉妬しすぎるということはありません。

相手がニセツインソウルの場合には、付き合うほどにどんどん嫉妬深くなってしまったり、相手への執着心が大きくなり、心のどこかで相手に対しての敵対心や恨むような気持ちを持ってしまったりします。

本物のツインソウルの場合は、付き合うほどに絆が深くなり、絶対的な安心感と共に、相手を信頼することができるようになるでしょう。

相手自身のことを悪く思わないか?

本物のツインソウルの場合は、相手が自分の嫌いなものを持っていたり、していたりしていたとしても、本人に対しては嫌な気持ちになりません。

相手が自分の気に入らない行動を取ったからといって、本人に対しては不快な気持ちになることがありません。

例えば相手が他の異性と歩いていたからといって、嫉妬したとしても、相手自身を悪く思って、恨んでしまうようなことはないのです。

ただ、ニセツインソウルの場合には、相手自身に対して嫌悪感を抱いてしまうことがあり、全てを受け入れることができません。

まとめ

いかがでしたか?偽ツインソウルと呼ばれる、運命の人ではないときのパターンを紹介しました。

付き合っていて、恨みや嫉妬などの感情が上回ってきてしまう関係は、よい関係とはいえません。

そういった場合は一旦距離をおいて、気持ちを持ち直し、客観的に関係を見直してみましょう。

ラフィネで電話占いしませんか?

ラフィネなら今なら初回鑑定料10分無料!!

占い師と運命の出会いを。

-ソウルメイトと恋愛。
-

Copyright© 朱織のスピリチュアル研究所☆ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.