スピリチュアルの研究記事。

第三の目とはそもそも何?松果体との関係を解説!

更新日:

この記事ではサードアイ、第三の目と深いかかわりのある「松果体」について詳しく解説しています。

サードアイ、第三の目というのがそもそも何かを知りたい人や、「松果体」について知りたい人はこの記事を参考にしてくださいね。

関連:サードアイが開いた人にはこんなことが起こる!開いている人の特徴!

それではさっそく見ていきましょう!

サードアイ・第三の目とは?

サードアイとも呼ばれる第三の目が一体何なのかというと、いくつかの説がありますが松果体(しょうかたい)のことを指しています。

松果体は人類の秘密を握るともいわれる重要な人間の器官です。

松果体がしっかりと機能していることが、健康な生活、高い精神レベルにいたること、魂の成長、までもに欠かせないこととなります。

松果体

松果体は人間の頭のちょうど真ん中辺りにあり、大きさはグリーンピースほどです。

形は松ぼっくりのようですが、眼球と同じ成分でできています。

このことから、松果体が第三の目といわれるのも納得できますね。

松果体の成り立ち

私たち脊椎動物がまだ海の中に住んでいた頃、私たちが持っている外側眼(がいそくがん)とよばれる二つの目のほかに、もう一つ頭頂眼(とうちょうがん)という目を、私たちは持っていました。

頭頂眼はものを見るための目というよりは、光を感知したり、獲物を感知したり、外敵を感知したり、といった役目を持った目です。

どの目も薄い皮膚の内側にあったといわれています。

やがて生物が陸に上がり、徐々に皮膚が厚くなるにつれ、外側眼は内側にあると機能を果たさなくなったのでしっかりとものを見るための機能を持って、皮膚の外側へ出ました。

ですが一つだけ特に進化することなく身体の内側に残った眼があり、それが頭頂眼、現在の松果体だといわれているんですね。

松果体の役割

松果体は”メラトニン”というホルモンを作り出したり、その量を調節したりしている器官です。

太陽光などの光に当たっているときはメラトニンの分泌量を少なくし、暗いところではより多くのメラトニンを分泌しています。

メラトニン

メラトニンというのは睡眠を司るホルモンです。

暗闇ではより多くのメラトニンが分泌されるので、それによって私たちは眠たくなるのです。

このメラトニンは幸福ホルモンであるセロトニン由来のホルモンです。

松果体の役割はもっとある

<アメリカの科学者ジェイコブ・リーバーマン博士の書籍より>

今日、松果体は人間の機能のすべての側面において主要な役割を果たすものとして認識されている。そして、これは「人体の各器官を調節する器官(regulator of regulators)」として機能している。

これまでの医学的な記録文書からは、松果体が次の各機能に影響を及ぼしていると考えられる。

生殖機能、人体の成長、体温、血圧、運動活性、睡眠、腫瘍の成長、気分や精神、人体の免疫系、そしてまた松果体は寿命の要因のひとつともとらえられる。

上に挙げたように、今日ではこの松果体がもっと様々なことに影響を与えているといわれています。

松果体は主にセロトニンを分泌することで「睡眠」を司っていますが、良質な睡眠は私たちの、健康な身体、健全な精神、にとてつもない影響を及ぼします。

朝起きて、夜寝る、という人間本来の生活リズムの中で規則正しく生活することにより、松果体も本来のバランスでセロトニンの分泌を行います。

睡眠は、現実を知覚する能力や前向きな解釈、適切な判断や行動、などにも影響を与え、その結果その人の人生そのものにまで影響しますからとても大切なものです。

松果体が働かないことによって睡眠障害や認知障になるともいわれているのですから恐ろしいですね。

松果体とスピリチュアル

もともと松果体が光や敵を感知するための「三つ目の目」だったので、松果体の活性化によって目には見えないものが見えるようになっていきます。

松果体が覚醒することで、研ぎ澄まされたその感覚でオーラを感じ取れるようになったり、遠くの声が聞こえたり、霊感が強くなったり、引き寄せが強くなるので何か大きな幸せを掴む確率も上がっていくことでしょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

サードアイが開いた人にはこんなことが起こる!開いている人の特徴!

子供と松果体

松果体は子供の頃は大きいですが10歳を境に小さくなっていきます。

松果体には生殖機能を抑制する働きもあり、子供はメラトニンの分泌が多いことによって性的な機能が抑えられています。

子供の方が、霊的なものに敏感であったり、直感的に行動していたり、よく眠ったりするのはメラトニンの分泌が多いからともいえますね。

松果体と石灰化

現在では松果体は16歳を越えた時点で徐々に石灰化していきます。

フッ素や食品添加物、電子機器の電磁波、ブラックライト、などが現代の生活には欠かせないものとなっていて、それらが松果体の石灰化を進行させるといわれています。

食品添加物などが松果体に溜まってしまい、松果体が骨のようになってしまうのです。

さらに現代では夜間でも光を浴びる機会が多いので松果体のメラトニン調節が適切にされず、上手く働かなくなります。

松果体が石灰化するとどうなる?

松果体が石灰化するとどうなってしまうのでしょうか?現在では多くの人の松果体が石灰化しているといわれているので、そうなってしまうことは珍しくはありません。

しかし人がより自分らしく、より幸せに生きていくためには松果体の活性化が重要です。

松果体が石灰化すると、睡眠障害の症状が出たり認知症の症状が出たり、気分が落ち込んだり、自分らしく前向きに生きる力が損なわれていきます。

正しく物事を捉えて適切に判断することができなくなるので、いろいろな場面で人生がハードモードになってくるでしょう。

松果体の石灰化を防ぐ方法

松果体の石灰化を防ぐために有効なのは、なるべく原始的な生活をすることです。

  • 日の出と共に起床して日の入りと共に眠りにつく
  • 夜間の携帯やパソコン操作はメラトニンの分泌を妨げるのでやめる
  • 食品は無添加のものを取る
  • 水道水には塩素や化学物質が含まれているので、天然水にする
  • 歯磨き粉はフッ素の含まれていないものを使用する

最低限、起床時間や体内に入れる食品に気をつけるようにするといいかもしれません。

とはいっても現在では添加物の入っていない食品は珍しいですから、完全に避けることは難しいかもしれません。

なるべく取らないように気をつけると良いでしょう。

瞑想

瞑想をすると松果体が活性化します。

松果体は睡眠と深く関わっていて、瞑想も深く自分の中に潜っていき、眠りの意識に近い状態になります。

瞑想をすることで松果体を活性化することができるといわれているのでやってみるといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?サードアイ、第三の目と松果体の関係について解説しました。

松果体は昔から特別な力があると考えられていて、世界各地の文明の中に松果体と思わしきものが意味ありげに登場します。

松果体を活性化して、人間本来の力を取り戻すと一体どんな力が手に入るのか、確かめてみたいものです。

 

 

ラフィネで電話占いしませんか?

ラフィネなら今なら初回鑑定料10分無料!!

占い師と運命の出会いを。

-スピリチュアルの研究記事。
-

Copyright© 朱織のスピリチュアル研究所☆ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.