スピリチュアルの研究記事。

死後の世界はどんな感じ?少し解説します!

更新日:

この記事では死後の世界がどうなっているのかを少し解説しています。

死んだ後の世界に興味がある人は、おとぎ話程度に見てもらえたらと思います。

この世界の全体像

① 神界  神
② 天界  天使・アセンデッドマスター
③ 霊界  魂(人間に生まれ変わる)
④ 幽界 亡くなった人(守護霊、霊体)
⑤ 人間界  人間

この世界は上のように、階層ごとに分かれているのだといわれていて、上へ行くほど波動が高い魂が集まる場所になっています。

私たちの住む人間界は一番波動が重たいところなので最下層にありますね。

スピリチュアル的に地球ってどんなところ?波動が低い星なの??

こんにちは。朱織です。 この記事では私たちが住んでいるこの地球について紹介したいと思います。 スピリチュアル的に見た地球や、そこに住む私たちはどういう存在なのか?ということを知りたい人は参考にしてくだ ...

続きを見る

関連:スピリチュアル的に地球ってどんなところ?波動が低い星なの??

違う階層同士は、交流できない!

違う階層のもの同士は交流ができなくなっています。

肉体を持って地球で生活している”人間”と、地球から一つ上の階層である「幽界」に住んでいる”霊”たちとでは、階層が一つ違うというだけでお互いに交流をすることができません。

ただ霊感の強い人は、霊と波動が合ってしまうことによって、幽霊が見えるという現象が起こることもありますね。

霊感の強い人は波動が高いといえるでしょう。

ただ派動の高さと、良い波動であるかは別の話であり、未熟な状態で霊と関わると悪い霊にコントロールされてしまうことがあるので、波動が高い人は精神的に成熟している必要があり注意も必要です。

関連:スピリチュアルでいう波動とは??量子力学との関係も解説!!

死んだ後のこと

人が死んだあとに私たちがいる場所は、人間界に近い幽界の最下層です。

  • 神界
  • 天界
  • 霊界
  • 幽界←ココの一番下
  • 人間界

幽界ってどんなところ?

幽界は、人間界と勘違いしてしまうほどこの世界と似たような場所なのですが、まったく違うところがあります。

・肉体が無い(霊体で存在している)
・相手の心の中が分かる
・思考がすぐに現実になる

この3点が主な違いといえるでしょう。

肉体が無い

人は肉体が無くなったあとは、霊体だけになるといわています。霊体というのは、私たちの心とか意識そのもののことだと思ってください。

幽界では、肉体を持たずに過ごすことになります。

心が隠せない

幽界では、人間界でのように心を隠すことができず、悪意や嘘、人に見せたくない気持ちが全て筒抜けになってしまいます。

言葉という概念もなく、心に浮かんだことがそのまま相手に伝わるんですね。

ですが、心の在りようや性格などは、人間界で生活していた頃のまま何も変わりません。

死んだ後のためにも、地球にいる間に魂を成長させる生き方が大切です。

地球では表面的には分かりませんが、心の中が悪い気分で生きてきた人はそういう人たちで自然に集まるようになるでしょう。

幽界の一部に存在する邪悪な場所とされています。

思考がすぐに現実化する

幽界では思ったことが即座に現実になります。

自分がなりたい姿になることができ、好きなだけお金儲けでき、食べたいものを食べることができ、好きなだけセックスできます。

幽界は、望むことが何でも即座に叶う世界です。

死後数日間で幽界へ

死後、私達は、周りの様子は今までと変わらないし、自分の姿も生きていた頃と同じで、あまり変わりが無い場所にいるのだといわれています。

人間界とよく似ていて、肉体から出た後に1番初めにいるところ=幽界です。

ですが、幽界では、生きている人間に存在を確認されることができなくなるので、この世によほどの未練がない限り、ふつうは数日のうちにで死んでいるということに気が付くことができるようです。

そして、大体の人が、死んでいることに気がつくと人間界のそば(幽界の最下層)から離れようとするようです。

守護霊が迎えに来てくれる

自分が死んだということを自覚すると、霊的な感覚が戻ってきて、守護霊が迎えに来てくれるといわれています。

人が死んだことを悲しむのは、人間界の住人だけで、当の本人は狭い肉体から解放されて、幽界で誕生日を迎えるようです。

幽界に行く理由

幽界は地上での生活を終えて、肉体を無くしたばかりの魂が、物質的な欲などを手放すために存在しているようです。

我欲を捨てて、波動を軽くし、さらに上の階層へ進めるようにするための準備をする場所として幽界はあります。

幽界は地獄にもなりえる!

幽界は人間界と比べると、比べ物にならないほど美しい素敵な世界といわれています。

ですが、心の持ちようによっては地獄にもなりえてしまう場所です。

①満たされない

幽界では、人間界で満たされなかった物質的な欲求が、何でも叶えられるようになります。

望むものは何でも簡単に手に入れることができるのです。

初めはその世界にずっといたいと思うかもしれませんが、そのうち、私たちは何もかも簡単に手に入る世界に喜びを見出すことができなくなります。

これはある意味地獄といわれています。

それによって、人はやっと物質的なことから精神的なものへと意識が向かうようになるのですね。

地球はまだそういう意識になりきってはいませんが、この世界では魂を成長させることこそが、最高の喜びなのです。

そうして、幽界では、魂は物質的な欲を捨てて、霊的存在になる準備をするといわれています。

②生前の振り返りで後悔するかも?

幽界に入ると、私たちは人間界での自分の行いを振り返ることになるといわれています。

幽界に入った私たちは、魂を成長させることの重要性を思い出しているので、人間界で過ごしていた間、自分で行った悪戯に自分で苦しみ、どうしてもっと人のために尽くさなかったのかと、人間界で後悔するよりも何十倍もの後悔をするといわれています。

③地上への未練があると...

自分が死んだことが受け入れられない人や、人間界に未練がある人は死んだ後も、守護霊などが迎えに行くことができません。

なので重たい波動のまま幽界の最下層を、苦しみながらさまよい続けているといわれます。

それが地縛霊や浮遊霊とされています。

④思考がすぐに現実化してしまう

嬉しいことのようですが、考えたことがすぐに現実化してしまうことは、未熟な魂にとってはとても危険なことでもあります。

争いや苦しみ、恐れの感情に支配されている魂が幽界に入ると、その心の中があっという間に現実として目の前に現れます。

そうして、暗闇で満たされている幽界の一部がまるで地獄のようになっているという風にいわれています。

まとめ

いかがでしたか?死後の世界を解説しました。

エネルギーのことは科学的にも証明され始めているので、死後の世界はあるのではないか?ということが昔よりも随分リアルに考えられるようになったのではないでしょうか?

死後の世界は思考がすぐに現実化するようになると書きましたが、実は今も私たちの思考は現実化しています。

引き寄せの法則というものによって、あなたの思考の現実化は今も進行中なのです。

ただ、その速度は「思ったことが現実になるなんて、そんなことありえない」と思ってしまうほどに遅いです。

地球は、ゆっくりな速度で、思考が現実化するということに慣れる場所でもあるので、この物質世界に生きている今のうちに、魂のレベルを上げて、死後、ネガティブな状況に飲み込まれないようにトレーニングしておく必要があるでしょう。

死後の世界なんて無かったのならそれでいいですが、供えあれば憂いなしです。

ラフィネで電話占いしませんか?

ラフィネなら今なら初回鑑定料10分無料!!

占い師と運命の出会いを。

-スピリチュアルの研究記事。

Copyright© 朱織のスピリチュアル研究所☆ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.