スピリチュアルの研究記事。

聖獣といえばこの4つ!中国から伝わった四聖獣とそのご利益!

更新日:

この記事では、中国からやってきた四体の聖獣、四聖獣(しせいじゅう)について紹介します。

聖なる獣、神秘的な名前ですね。名前からしてかっこいい感じがします。

 

四聖獣といえば、青龍(せいりゅう)、朱雀(すざく)、白虎(びゃっこ)、玄武(げんぶ)の四体ですが、どこかで聞いたことのある人もいるのではないでしょうか?

 

それもそのはず、日本では、戊辰戦争のときの、会津藩の「白虎隊」が有名です。日本の武士は、四聖獣をよく信仰していたといわれています。白虎隊だけではなく、青龍隊、朱雀隊、玄武隊もありました。

 

そんなわけで、日本人にとっても聖獣というのは馴染みのある存在です。それでは、1つずつ紹介していきます。

青龍(せいりゅう)

イメージ画像

 

日本では龍が祀られている神社も多く、”龍”と一口にいっても、インドから伝わったもの、中国から伝わったもの、昔から長く語り継がれているたくさんの龍たちがいます。

 

青龍(せいりゅう)というのは、中国から伝わり、日本でも信仰されている龍神の一種です。

 

基本的には水にまつわる神様の使いで、川や海など流れの速い水辺に住んでいるとされています。水の中にずっといるというわけでもなく、龍は空を飛ぶこともでき、雨を降らせたり、空に虹をかけたり、雷を落としたりします。

 

見ると強力な幸運を運んできてくれるという、龍雲と呼ばれる龍の形をした雲を見せてくれることもありますよ。

 

四聖獣は東西南北それぞれの空を守っているといわれますが、青龍は東に対応しています。陰陽は陽、属性は木です。

 

龍神に守られている人は、神がかりのようなスピードで成功し、強運に守られるといわれています。

関連:龍神がついている人の特徴を見てみよう!!私に、龍はついている??

朱雀(すざく)

イメージ画像

 

朱雀は、中国の四聖獣の内の一つで、火の属性に値する鳥です。龍とは対の関係になるといわれていて、青龍と朱雀のコンビは非常に相性がよく、縁起が良いといわれていますよ。

 

南の空を守っている鳥です。属性は火、陰陽は陰とされています。

 

朱雀は、ヨーロッパでいうフェニックス、それから、昔の中国で鳳凰(ほうおう)と呼ばれていた鳥と同じものだと考えられます。

 

朱雀=鳳凰=フェニックス

 

たくさんの呼び名がありますね。ただ、この3つに違いがあるとすれば、フェニックスには数百年に一度、炎に飛び込んで転生することで永遠に生き続けるという話があります。

 

「火の鳥」とか「不死鳥」とか聞いたことがあるかもしれませんが、それが「フェニックス」のことです。四世獣の朱雀にはそのような話しはありません。

 

また、鳳凰にも不死鳥のような話はなく、人間に幸運をもたらす鳥だと考えられていました。非常に頭がよく徳もあり、人間よりも遥かにレベルが上の鳥だとされています。

 

今では全てごっちゃになって、朱雀は不死鳥で火の鳥で、幸運をもたらしてくれるのだと思われていることも多いようですが、それも間違にはならないでしょう。

白虎(びゃっこ)

イメージ画像

 

白虎(びゃっこ)は軍隊や、権力の象徴とされている、戦いを司る聖獣です。属性は金(金属)。西の空を守っており、陰陽は陽です。

 

悪を懲らしめ、災いを払いのける。善を煽り、財を呼び込み、良縁を結ぶ。

 

厄払いから、金運、恋愛運まで、あらゆることを司っている万能の白虎。魔物にも人間にも恐れられ、崇められます。

 

白い姿をした虎で、白虎という名前ですが、アルビノというわけではありません。名前の由来は、西という方位が色にすると”白”とされているので、その白から白虎(びゃっこ)と名づけられたようです。

玄武(げんぶ)

イメージ画像

 

玄武は、少し足の長い亀に、蛇が巻き付いているという、不思議な風貌の聖獣です。属性は水で、陰陽は陰、北の空を守っているとされます。

 

北に対応する色は"黒”ですが、玄武の"玄”には黒という意味がありますよ。

 

そして、元々は、玄冥(げんめい)という名前とさだめられていました。暗闇=黒を表す「玄」に、冥界の「冥」と書いて、玄冥です。

 

玄武は、この地球と霊界とをつなぐ役目があるとされていて、四聖獣の中では唯一、この世界とあちら側とを行き来きすることができると言われています。

 

北の方で、暗闇の中良く見えないが、怪しげにあちらとこちらを行き来している存在、ということになるでしょうか?

 

日本でも中国でも、昔、亀を使った占いが行われていました。亀卜(きぼく)といいますが、これは、亀の甲羅を桜の木で焼き、表面にできたヒビで吉凶を占うものです。

 

国の方針を決めるような重要な役目をになった占いでしたが、それに亀が使われていたのは、やはり亀が、霊界からのメッセンジャーだと考えられていたからです。

ラフィネで電話占いしませんか?

ラフィネなら今なら初回鑑定料10分無料!!

占い師と運命の出会いを。

-スピリチュアルの研究記事。

Copyright© 朱織のスピリチュアル研究所☆ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.