星座占い。

蠍座の分類を見てみよう!!あなたの星座の細かい部分までチェック!!

投稿日:

こんにちは朱織です。

今回は、蠍座の分類を紹介します。

https://supiburo.me/12seiza/sasoriza-tokutyou

蠍座の価値観やテーマ、性格などの特徴は上の記事からチェックできるので見てみてくださいね。

蠍座のカテゴリー分類

イメージ画像

蠍座は、固着宮

星座には活動宮、固着宮、柔軟宮、の三種類がありますが、蠍座はその中の「固着宮」に当たる星座です。

活動宮はパワフルで、物事を始める力に溢れた星座、固着宮はそれを安定させる力に溢れた星座、柔軟宮は、安定したものが凝り固まらないように変化をもたらす力に溢れた星座です。

これらの基本的な価値観に基づいて、それぞれの星座は考え行動を起こします。

 

固着宮の蠍座は、その名のとおりあまり動かない星座です。蠍座は一度自分がこうと決めたことに関しては、自分の考えを滅多なことでは変えることはありません。

とても頑固で、他の星座がとっくに諦めて他のことに意識が向かうようなときにも、蠍座はいつまでもそのことにしがみついて粘り強く努力を続けたりします。

簡単には気持ちが動いたりすることがないので、とても頼りがいがあり、誠実な星座ですが、その反面、自分が苦しい状況に陥っている場合にもなかなか考えを変えることができず、その状況に執着してしまうところがあります。そういった場合には「柔軟宮」の星座は新しい考えや、やり方を運んできてくれるでしょう。

一度、こうと決めた状態を長くキープすることが、一番得意な「固着宮」の蠍座ですが、反対に一度変える、と決めた場合には、蠍座は、全てをひっくり返してでも1から徹底的に変化させるような激しさを持っています。

また、蠍座は人の感情によって強く心を揺さぶられる性質をもっているので、他人の深い感情を知ったときや、相手との深いつながりがあるとき、また、心動かされたときに特に、その重たい腰をあげて変化を望む傾向があります。

[ad]

蠍座は、水の星座

星座には、火の星座、水の星座、地の星座、風の星座、の四種類がありますが、蠍座はその中の「水の星座」にあたります。

火のエレメント、水のエレメント、など、エレメントともよばれるこの分類では、それぞれの星座の価値基準を見ることができます。何に重きを置いて生きているのかというのをそれぞれ示しています。

 

水の星座はフィーリングに支配される星座です。感情や、気分、場の雰囲気、などにとても敏感で、それらが物事の判断基準となる星座です。

例えば、蠍座は、恋人の年収やキャリア、容姿だけを見て、いいなぁとは思わず、そこにその人の感情や、繊細な表情が見えたときにはじめて心惹かれます。

何よりも「感情」を優先する水の星座は、人の気持ちにもとても敏感で、何かと自分よりも相手を優先する傾向にあります。献身的で一途な半面、嫉妬深くもあり、こじらせると大変です。

とくに蠍座の場合はとても愛情深いので、嫉妬心も他の星座いち強く、普段の我慢強く、大人っぽい印象からは考えられないほど、いきなり感情が爆発して奇行に走る場合があります。

水の星座は感情のやりとりをすることによって、相手のことを知ろうとするので、あまり、論理的な考えをすることはなく、夢見がちなところがあり、妄想をするのが得意なロマンチストな星座でもあります。

融合、共感、なども水の星座の象徴ですが、蠍座は相手の気持ちの奥深くまで知り、融合するようにその感情に寄り添います。

そこで自分の持っていないものや、新しいものを発見し、自分に足りていないものを組み替えて新たな自分を作っていきます。

[ad]

蠍座は、女性星座

星座は、男性星座と、女性星座に、分けることができますが、蠍座はそのうちの「女性星座」です。

女性星座は受動的で、内向的、あるがままをあるがままに受け入れて、感受性を大切にするような星座です。自分から意思表示を積極的にするよりも、そういったものは内に秘めて、周りのものを吸収、受け入れる役割があります。

[ad]

ラフィネで電話占いしませんか?

ラフィネなら今なら初回鑑定料10分無料!!

占い師と運命の出会いを。

-星座占い。

Copyright© 朱織のスピリチュアル研究所☆ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.