星座占い。

牡牛座の恋愛傾向

更新日:

イメージ画像

始めに

人間関係や恋愛において、価値観が合わなかったという言葉をよく聞きますが、そもそも相手の価値観を本当に分かっている人はどれくらいるのでしょうか?

もし相手の価値観を本当に理解していたら、自分の考えばかりを押し付けたり、気づかないうちに相手を傷つけているということを防ぐことができますし、相手を批難否定するということはそんなに起きないはずです。

なぜなら相手の価値感を知っているということは「相手がそもそもなぜそういう言動するのか」「どうしてそういう考えにいたるのか」の根本を理解しているということだからです。

相手の根本を理解できれば、余計な不安を感じたり心配したりせずにすみます。

この記事は星座から、相手の価値観の1つを知ってみようというものです。

ここに書いてあることは「良い」「悪い」「正しい」「間違っている」と相手を評価するものではなく、その人が生まれながらに持ち合わせている性質だということをまずは理解してください。

それから、一般に○月○日生まれは何座といわれているあなたの星座は「太陽星座」と呼ばれるものです。

人は自分の星座を何種類か持っているので、あなたの何もかもが、ひとつの星座の特徴に当てはまるわけではありません。

太陽星座は人の性質に大きく影響がでる星座ではありますが、 必ずしもその全てが当てはまるわけではないのです。

反対に、たくさんの星座をもって生まれているということは、他の人の持つ性質を、自分のことのようにあなたも理解することができるということです。

私は○座だけどよくいわれている特徴に当てはまらないという場合には、その部分は、他の星座などで当てはまっているかもしれませんね。

牡牛座の恋愛傾向その1

少し鈍感かも?

牡牛座の恋愛はとてものんびりとしていてなかなか始まりません。人の気持ちに良くも悪くも鈍感で「誰かが自分のことを好きだという気持ち」や「自分が誰かのことを好きだという気持ち」を自覚するのに時間がかかります。

というのも牡牛座は目で見えるものや実際に手で触れられるものなど、現実に五感で感じ取ることが出来るものに主な焦点があるので、感情という抽象的なものにあまり関心が向かない性質があるのです。

もしかすると「私は」あの人のことが好きなのかな?と思うことがあったとしても、牡牛座はそんな自分の感情も放置してしまいがちなので、本人の中で恋がなかなか熱っしません。

激しく燃えるような恋をしないタイプですが、一方で1度好きだと分かると冷めづらいのが牡牛座です。牡牛座は1度好きだと自覚した相手に冷めたり、飽きたりすることはなく、確かな「愛情」の根を心に張り巡らせて、それが簡単になくなってしまうことがありません。

そんな、誠実さがあります。本人の中に揺らがない良質なものを見極める目があって、また、良いと思ったものにとどまることに価値を見出す星座です。

牡牛座の恋愛傾向その2

所有欲が強いかも

「見ることができる」「触れることができる」「聞くことができる」「嗅ぐことができる」「味わうことができる」そんな現実世界にある物たちを、見極めて楽しむ力にたけている牡牛座は、人間関係においては相手を「所有する」という感覚になることがあります。

牡牛座は自分が安心して生活できる基盤を構築するという星座なので、一度手に入れた、自分が心地よく生活できる基盤となる「もの」を失ってしまうことには、強い抵抗があり、そのため変化を避ける性質があります。

パートナーを自分のものとして捉えると、それを失ってしまわないように「束縛」したり、失うことへの恐怖から「監視」したりすることがあります。また、自分のものだという気持ちが強くなると、強烈な嫉妬を感じたり、全てを「把握」しようとすることがあります。

牡牛座の恋愛傾向その3

面食いかも?

牡牛座は12星座の中でも見た目にはこだわる方です。五感の鋭く、良いものを見抜く目を持った牡牛座が、整った容姿や理想的な肉体に惹かれるのは当然かもしれません。

とはいっても、一方で楽く安心して暮らせる、堅実で確実なものを求める牡牛座は、実際のパートナーには地に足のついた人を選びます。自分で自分の人生をしっかりと歩んでいる、芯の通った人ですね。

どれだけきれいな人であっても、金銭感覚が狂っていたり、現実味のないことに夢中になる人には心もとなさを感じるでしょう。

牡牛座の恋愛傾向その4

性の探求心

牡牛座は、性の力が深いといわれる星座です。性行為は五感を活用する行為なので、牡牛座とはとても関係の深い行為です。牡牛座と付き合うと性行為には飽きることが無いといわれています。

パートナーの異性に対していつまでも男として、女として見られたいと望むため、自らいつまでも魅力的であろうと努力します。

また、性的なつながりがなくなることへの恐れから相手に必要以上に執着したりすることがあり、相手を失うことへの不安から付き合うとすぐに結婚したいと考えることもあります。

牡牛座の恋愛傾向その5

お金への関心

「物」が好きな牡牛座は買い物が好きですし、そもそも、安全で、安心できる生活基盤を何よりも重要視する牡牛座は、元来お金との結びつきが強い星座です。

牡牛座が見た目にうるさい星座であるといっても、自分の安心できる生活を脅かしてくるようなおかしな金銭感覚を持った人や、地に足のつかない生活を送るような人には、ストレスを感じるでしょう。

牡牛座は、人生を楽しむことに長けていて、人のネガティブには引きずられない芯の強さがありますが、金銭面での負担には、人一倍の不安を感じるのです。

牡牛座へのプレゼントは...

物質的なものを見極める力に長けた牡牛座は、物が大好きで、特に良質なものを見極めることには優れています。

良いものは自分の物にし、人には2番目3番目の物を渡すなどを平気でしますが、そんなことを悪気無くするほど純粋に何かを所有したい気持ちが強い星座です。

センスがよく、長く変わらない自分自身のお気に入りのブランドや系統を持っていることも多いです。物が大好きなので、プレゼント選びは気持よりも物自体の品質や、相手の気に入るものを選ぶと良いでしょう。

気持ちがこもっているから何でも良いではなく、物自体の品質の良さ相手の好みをしっかりとリサーチした上での物が良いでしょう。

牡牛座が好きな場所

牡牛座は広々とした「牧場」や「芝生」など、土や自然の匂いが感じられる豊かな場所が落ち着く場所なので自然豊かな場所だとのびのびできるかもしれません。

ラフィネで電話占いしませんか?

ラフィネなら今なら初回鑑定料10分無料!!

占い師と運命の出会いを。

-星座占い。

Copyright© 朱織のスピリチュアル研究所☆ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.