スピリチュアルの研究記事。

お盆とは?何をすればいいの?期間や行事も紹介します!

更新日:

この記事では、お盆とは何かを紹介します。

わーい!夏休みだー!

確かに夏休みね。だけど、13日から16日のお休みは、お盆休みといってね、ご先祖様をお迎えするためのお休みなのよ。

んー...。よくわかんない。夏休みには変わりないでしょ?

お盆とは?

お盆の期間は、7月の13日から16日、または、8月の13日から16日、です。七夕などと同じように地域によって違いがありますが、あなたの地域のお盆はいつでしょうか?

お盆の始まりの日、13日のことを、迎え盆、
お盆の終わりの日、16日のことを、送り盆、と言います!

お盆休み・迎え盆にすることって何?

13日の夕方、私たちのご先祖様は霊の世界から、人間の世界へ帰ってくることができるとされています。

なので13日は、ご先祖様をお迎えするために、”迎え火” を焚いたり、”盆棚にお供え物” をしたりする日になっています。

ですが、迎え火とか、お供え物とか、よく分からない人もいますよね。13日の迎え盆にすることを紹介するので見ていきましょう。

お盆休みといえば、お墓参り!

お盆休みといえば、お墓参りというイメージがありませんか?

実際、お盆休みに、お墓参りに行かれる人は多いかと思いますが、本来は13日の迎え盆に一回、16日の送り盆に一回、と二回行きます。

なぜかというと、文字通り、お盆のお墓参りはご先祖様の送り迎えのために、行くからです。お盆休みのお墓参りは、ご先祖様にご挨拶するためのものではないのですね。

迎え盆には、ご先祖様が帰ってくるので、そのご先祖様をお迎えにあがるのが、迎え盆のお墓参りです!

午前中までに仏壇を、盆棚・精霊棚にしよう!

お仏壇を、お盆仕様に飾ったもののことを、盆棚(ぼんだな)または、精霊棚(しょうりょうだな)といいます。

迎え盆の13日、午前中に、盆棚飾りをしてご先祖様をおもてなしします。

こういったものが盆棚飾りです。

イメージ画像

迎え火をたく!

盆棚を作って、お墓参りに行ったら、夕方にご先祖様をお迎えするために迎え火を焚きます。

”焙烙(ほうろく)”という土でできたお皿の上で、"麻がら”(麻の皮を剥いでいった茎の部分)を燃やします。

家の門の前や玄関で、火を焚いて、その上で合掌し、ご先祖様をお迎えしましょう。
麻がらは、お盆の時期になるとスーパーや花屋さんなどで手に入るようです。

迎え盆を過ぎた、お盆休み中にすること!

ご先祖様を迎えたら、棚経(たなぎょう)をします。

お盆中に僧侶を招いて、盆棚の前でお経をあげてもらい、しっかりと供養(亡くなった人の幸福を祈ること)をすることです。

お盆休み・送り盆にすることって何?

送り盆は、お盆の最終日16日のことです。

16日の送り盆には、送り火をします。送り火は、迎え盆でしたように焙烙(ほうろく)の上で、麻がらを燃やし、その火が消えるまで、見届けながら合掌をします。

お墓参りもするのですが、お墓参りに行くタイミングや、送り火をする時間帯は、宗派や地域によって違ってくるようです。

以上がお盆休みにすることの大体の流れです。

ご先祖様

私たちは、守護霊だとか、天使だとか、目には見えないものに守られながら生きているということはよく聞きますが、その守ってくれている存在の中には、実はご先祖様も入っています。

ご先祖様は、思いをはせてみると、すごく身近に感じられるので、ぜひ、自分の、お爺ちゃんお婆ちゃん、そのお爺ちゃんお婆ちゃんを生んで育てた、ひいお爺ちゃんひいお婆ちゃん、そのまたご先祖様まで、ずーっと命が脈々と受け継がれてきたことを感じてみてください。

名前を呼んであげると、ご先祖様も喜んでくれますし、感謝をしっかりしてあげることで、ご先祖様もあなたのことをより守りやすくなって、お互いに良い関係が築かれます。

ラフィネで電話占いしませんか?

ラフィネなら今なら初回鑑定料10分無料!!

占い師と運命の出会いを。

-スピリチュアルの研究記事。

Copyright© 朱織のスピリチュアル研究所☆ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.