引き寄せの法則やマインド系。

インナーチャイルドとは?なんだか胡散臭いなぁ...と思っている人に解説!

更新日:

今回は、インナーチャイルドとは何かを説明したいと思います。

インナーチャイルドって言葉は、聞きなれない人もいるかと思いますが、近年よく耳にする、アダルトチルドレンとも少し関わりのある言葉です。

胡散臭いのかといったら全然そんなことはありません。インナーチャイルドが何なのか、この記事を読んでいただければ分かると思います。

インナーチャイルドを癒すことによって、人生が今よりも軽やかになって、生きやすくなります。さらには、引き寄せのパワーもアップすると思いますので、まずはインナーチャイルドとは何なんだろう・・・?というところから見ていきましょう。

インナーチャイルドって何?

イメージ画像

インナーチャイルドというのは何かというと、あなたの心の中に残っている幼少期の心の傷です。

例えば、両親にもっとかまってほしかったのに、あまり相手にされず、寂しい思いをしたけれど、当時それを伝えることができず、我慢してしまい、自分は寂しい、相手にしてもらえない、という感情を今でも持ち続けているというようなことです。

誰もが大小はあれど、心に傷は抱えているものだと思いますし、胡散臭さはなくなったかと思います。インナーチャイルドは心理学の用語では無いですが、特にスピリチュアルにかたよったものでもないので、あまり警戒せずに、自分の心の中と向き合って欲しいと思います。

それから、確かに、昔傷ついた感情を抑制してきたものがインナーチャイルドなのですが、それを分かりやすく、よく擬人化します。

傷ついた過去の自分を、子供頃のあなたの姿に例えることで、今の自分とは別人として切り離して考えることが出来ます。そうすることで、インナーチャイルドは癒しやすくなります。インナーチャイルドは子供の姿のまま、あなたの中で成長できずに長い時間を過ごしています。

イメージ画像

インナーチャイルドが癒されていない状態だと、なぜだかわからないけれども漠然とした不安に襲われることがあったり、社会で人間関係が上手く築けなかったり、自己表現が上手く出来ないなどの、弊害や、どこか内面的にも生きづらさを感じながら生活していることでしょう。

[ad]

インナーチャイルドが傷ついた理由

インナーチャイルドが傷ついてしまう主な理由は、大きくは子供の頃の家庭環境にあります。小さい頃は家で過ごす時間が長いですし、子供は親の影響を受けやすいので、どうしても家庭環境というのが大きく影響してきます。

そして、他にも幼稚園や保育園、小学校での出来事も原因になることがあります。

例えば、友達からかわれたとか、イジメが起こっていたとかですね。

アダルトチルドレン

イメージ画像

インナーチャイルドを抱えたまま大人になってしまい、大人になってからも生きづらさを感じている人を「アダルトチルドレン」と言います。

そして、インナーチャイルドが傷ついている原因として最も多いのは、「隠れダメ親」に育てられたことです。

「隠れダメ親」は、親自身、無意識のうちに子供を傷つけるような言動をとってしまっていて、子供に心の傷を負わせている親のことです。

親が暴力を振るうような人だったとか、ご飯を食べさせてくれなかったとか、そういった虐待を受けて育った人がインナーチャイルドを抱えてしまうのは当然なのですが、

隠れダメ親の場合は、一見よい親です。ご飯もくれる、遊んでくれる、誕生日にはお祝いもしてくれたり、するかもしれません。ただ親自身も心が満たされない環境で育ってきてしまっていて、心の中に不安感や、恐怖心などを抱えている場合があります。そうなると、そういった心に傷をもった親は、自分の子供に対しても、自然と子供を傷つけるような言動を取ってしまいます。

[ad]

アダルトチルドレンになりうる家庭環境

親が情緒不安定だったり、自分のことで精一杯だったりすると、子供は自分のことに集中して安心して過ごせる場所を失ってしまいます。アダルトチルドレンになりうる家庭環境としては、例えば、

  • 家の中で両親の喧嘩が絶えなかった
  • あなたには無理よ、ダメな子、などの類の、ネガティブな言葉を頻繁にかけられた
  • 親と子供の立場が逆転していた
  • 親がよく不機嫌な顔をしていた
  • 不平や不満を頻繁にもらす親だった
  • 父親が仕事に依存していた
  • 母親が父親に依存していた

こういったことでも、子供は傷つき、インナーチャイルドを心に抱える原因になります。

幼少期の私たちは、大人と比べてとても純粋で、特に親の感情には最も敏感です。親が真顔でいるだけでも、子供は自分のせいで親が笑っていないと傷ついてしまいます。子供は、親を喜ばせようと、いつも頑張っているんですね。

こういった家庭には、分かりやすく虐待があるわけではないので、子ども自身も、なかなか育ててくれた親を悪く思うことができません。

なので、親に傷つけられているにも関わらず、それを自分が悪いのだと自分を責めてしまい、どこにもやり場のない傷を大人になっても、もやもやと抱え続けてしまいます。

子供の頃に

  • 思うように自分を出すことができなかった
  • 自分の話をあまり聞いてもらえなかった
  • 親の機嫌をいつも伺っていた
  • 良い子にしなければと気を張っていた
  • 心からリラックスして、安心して過ごせる家庭ではなかった

などに当てはまる人は、アダルトチルドレンである可能性があります。

もっと詳細に知りたい方は、こちらのサイトなら、かなりいろいろな例を出してくれているので、自分がアダルトチルドレンかどうかのチェックが出来ると思います。

https://sorakumo.jp/report/archives/8#toc_id_3

ご自分がアダルトチルドレンかどうかを自覚したら、解決するための行動を取りましょう。私自身、いつまでも傷に浸っていたタイプだったのですが、人生は傷に浸る為にあるのではなく、問題を解決して、今よりも少しでも前に進み、楽しみを見つけるためにあるんですね。そして、自分が満足できる人生を発展させていきましょう。

https://supiburo.me/hikiyose/kakonojibunnoiyasikata

ラフィネで電話占いしませんか?

ラフィネなら今なら初回鑑定料10分無料!!

占い師と運命の出会いを。

-引き寄せの法則やマインド系。

Copyright© 朱織のスピリチュアル研究所☆ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.