スピリチュアルの研究記事。

安部晴明ってどんな人?聞いたことはあるけど知らない人に紹介!!

更新日:

安部清明(あべのせいめい)という名前を聞いたことはありますか?

阿部清明は、平安時代の陰陽師(おんみょうじ)として名高い人物です。

名前はかなり有名ですが、では実際はどんな人だったのか知らないという人も多いのではないでしょうか?

 

この記事では安部清明がどんな人だったのかを紹介します!

関連:陰陽師とは?難しくてよく分からなかった人にも理解できる説明!!

安部清明(あべのせいめい)ってこんな人!

 

安部清明は、平安時代を生きていた陰陽師です。

 

陰陽師として活躍したくらいなので読み書きができ、勉強に励めるような家柄の出だったことは想像ができますが、どこの家系の人物だったのかは諸説あるようですが、具体的には分かっておらず、阿部清明は少し謎の多い人です!

 

陰陽師として活躍したのは当時の寿命でいうと、かなりお爺ちゃんになってから。40代頃になってその名が広まりだした遅咲きの人物です。

陰陽師という役職には、位がありますが、安部清明の場合はその一番高い位にまでついたこともなかったようですね。

 

それでは安部清明はなぜこんなにも知名度が高いのでしょうか?

安部清明の得意なこと!!

 

安部清明は陰陽道と天文道の2つを修めましたが、特に天文道の方の成績が優秀だったといわれています。

 

陰陽道

この世界が陰と陽、木火土金水、で成り立っているという考え方です。

この陰陽や木火土金水を色々なものに当てはめて、暦上での厄日や吉日を割り出したり、厄除けの儀式や縁担ぎなどをしていました。

 

https://supiburo.me/supirityuaru/inyougogyou-toha?preview=true&_thumbnail_id=3921

 

天文道

天文道は、天文学とはまた少し違い、皆既日食などの珍しい天文現象に対して意味を見出していくような、占い的要素の強いものだったようです。

 

 

安部清明はこの天文道が特に優秀で、まだ位が低いうちから安部清明といえば天文道、占いがすごく当たる人がいると、当時の貴族の間での知名度が高かったようです。

安部清明の知名度は、どんどんUP

 

そして、その噂は、最終的には当時の天皇の耳まで届き、そんなにすごいのなら占ってもらいたいということで、天皇に呼ばれ、天文博士の称号をいただいたようです。

 

それをきっかけとして、安部清明の知名度はさらに上がり、任せられる仕事も大きなものになっていったようです。

安部清明ができること?

 

知名度が上がり、安部清明はより大きな仕事を任せられるようになっていったといわれています。

 

結界を張って都を守ったり、天狗封じの儀式や雨乞いを行って、見事に成功させたり、天皇が病気にかかった際には祈りをささげてたちどころに回復させたり、というすごいことを数々やってのけたという話がありますが、

 

一方で、安部清明が有名になったのは、今昔物語という昔の物語集に登場したから、という説もあります。おそらく、天皇にまでお呼びがかかって有名になった安部清明を知って、物語の登場人物にピッタリだと作者は考えたのでしょう。

 

この物語の中で、安部清明は鬼を察知したり、式神を操ったりという、ありえないような活躍をしていたので、それに拍車がかかって、安部清明といえば、陰陽師。陰陽師といえば、式神、儀式、妖怪退治。

…安部清明は、ありえないようなことを数々とやってのけたエスパー超人!というイメージが浸透しているのではないでしょうか?

 

どこからが本当で、どこからが空想の話しなのかはわかりませんが、なんにしても安部清明は、天文道と陰陽道を極めました。

 

さらに、陰陽師の位も関係なく、これだけ世間に名をとどろかせるすごい人物だったということには変わりありないでしょう。

まとめ

 

いかがでしたか?安部清明について、少しは理解が深まったでしょうか?

 

安部清明は、仮に若いうちから勉学にいそしんでいたとするのならかなりの遅咲きの人物です。幼少の頃の記録はほとんど残っておらず、一体それまで何をしていたのか謎に包まれた人物。

ですが、それもまたどこか怪しさの付きまとう陰陽師らしさ、安部清明らしさなのかもしれないですね。

ラフィネで電話占いしませんか?

ラフィネなら今なら初回鑑定料10分無料!!

占い師と運命の出会いを。

-スピリチュアルの研究記事。

Copyright© 朱織のスピリチュアル研究所☆ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.